新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

性病に感染したら性病向けの泌尿器科へ

性病に感染してしまった…でも忙しくて病院に行く暇がない。どんな病院にかかればいいかわからない。誰か知り合いに見られたらと思うと、近所の病院には行きたくない。そんな男性は、多いのではないでしょうか。
そんなときお勧めしたいのは、新宿区にある泌尿器科クリニックへの受診です。
新宿区は、日夜問わず通行する人が大変多いため、知り合いとすれ違っても見咎められないというメリットがあります。また、歓楽街のある新宿区だからこそ、同じ悩みをかかえる人も多くいらっしゃいます。泌尿器科に入る姿を見られても、変な目で見られる心配がないのは嬉しいですよね。
そして、人が集まる立地であればこそ、専門に特化した医師にかかれるというメリットもあります。人口が少ない地方では、複数の科を掛け持ちしてオールマイティに診療ができる医師が当たり前です。逆を言えば、そうでなければ患者さんが集まりにくいのです。泌尿器科のみを看板に掲げていても、性病だけではなく他の疾患も同時並行で扱っていますので、泌尿器科の医師がすなわち性病の専門とは、やはり言いがたいのです。その点、新宿区という、同じ悩みをもつ患者さんの集まりやすい場所であれば、性病を専門とした医師が、そういった患者さんを中心としてゆっくりと診療することが可能です。専門の医師にみてもらえるのが、患者さんの側としても一番安心ですよね。
何より、新宿区であれば、乗り換えを利用して、仕事の合間や仕事帰りにさっと寄ることが可能です。お勤め先が新宿区にある方も、そうでない方も、気軽に受診できるのは心強いものです。
後述しますが、普段の生活の合間に行ける病院を見つけることは、すみやかな治療開始と、継続した治療のためにとても重要です。
同じ性病でも、男性と女性では診察科目が違うことをご存知でしょうか。
実は、男性は泌尿器科、女性は婦人科と、専門が分かれています。
これは、妊娠した女性が性病に感染した場合、胎児にまで病気の影響が及ぶためです。出産時に赤ちゃんが病気をもらうことが多く、それにより障害が残る危険性が高くなります。また、そうでなくとも、悪化することで不妊症に陥る可能性があります。女性の方は、必ず婦人科を受診してくださいね。
そして、男性の方は、新宿区の泌尿器科を受診しましょう。
恥ずかしいから、もしくは症状が軽いから、自然に治るのを待ちたい、という方は珍しくありません。しかし、それはとても危険なことなのです。
性病は治療をしなければ治らず、様々な影響を引き起こし続けます。
まず、ピンポン感染が挙げられます。例えば、男性が感染した後性交渉を行うと、それによりパートナーが感染し、そのパートナーと性交渉を行うことで一旦治った男性がまた再感染を起こします。パートナーと共に治療を行わなければ、卓球のラリーのように延々とお互いに病気をうつし合ってしまうのです。 また、性病によって生殖器が炎症を起こすことで、男性、女性ともに不妊症になる可能性があります。淋病やトリコモナス、クラミジアの場合は、尿道が狭まり精子が通れなくなりますので、女性の性器まで精子が到達できず妊娠できません。梅毒にかかった場合は、神経障害を起こしますので、勃起不全になります。また、いずれの病気であっても、男性は陰部が炎症を起こします。その炎症が上方に徐々に広がり、精子を作る精巣にまで達すると、精巣の機能自体が落ちてしまい、精子を作れなくなる無精子症へと発展するおそれがあるのです。
さらに、悪化させることでがんになったり死に至ったりするケースもあります。ヒトパピローマウイルスという、尖圭コンジローマの原因となるこのウイルスに感染することで、悪性の腫瘍が形成されることがあります。男性の陰茎にできることは稀ですが、前述のピンポン感染によって、喉頭がんや子宮頸がんになることがあります。特に、女性の子宮頸がんは、90%以上がこのヒトパピローマウイルスによるものであり、パートナーにうつすことによる危険がとても高いのです。梅毒は、放置すると10年ほどをかけて徐々に進行し、脳や脊髄、神経をおかされ、認知症になるほか、全身の臓器にがんが広がり死に至ります。他にもAIDSやB型肝炎、C型肝炎など、死に至る性病は多いのです。
このようにならないようにするためには、性病を、早期に、そして継続して治療することが重要です。
せっかく受診しても、通いにくい病院を選んでしまったがために、通院が面倒になり治療中断してしまっては元も子もありません。治るどころか、病原菌やウイルスが中途半端な投薬で耐性をもち、さらに治りにくくなってしまうことが考えられます。
すみやかに、そして継続して治療を受けるためにも、行きやすい病院を見つけるのがいかに大事か伝わったでしょうか。 そういった泌尿器科の病院に心当たりがなければ、新宿区で見つけることをお勧めします!