新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

パートナーも同時に感染していることが多い尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスによって発症する性病です。主に性行為によってうつるものなので、男性が感染していると同時に、60~70%という確率でパートナーにうつると言われています。しかも、尖圭コンジローマの潜伏期間は、3週間から8ヵ月と言われ、症状が出ていなくても、相手にうつってしまう可能性があります。
予防法としてコンドームがあると言われていますが、肛門や陰嚢、陰茎の根元などに感染している場合は、コンドームでは予防になりませんので、安心することはできないということを念頭に置いておきましょう。
もし、症状が現れたら、早めに治療をすることをおススメします。西新宿で泌尿器科をお探しの方は、新宿駅前クリニックまでご相談ください。