新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

男性の尿道炎の症状の現れ方

性病の一つと言われている尿道炎は、どのような症状が現れるのでしょうか?男性に多いこの病気はクラミジアによる感染が多いと言われています。クラミジアに感染すると、尿道のかゆみ、尿道から透明な液体や、白に近い色の液体が出る、排尿時に痛みがある、尿度に違和感がある、といった症状が出ます。現れ方は個人差があり、液体の量も多い場合もあれば、ごく少量の場合もあります。
男性の2人に1人は自覚がなく、気付いたら感染していた、というケースも多いです。感染に気付かないまま、すんでしまうこともありますが、それは完治したわけではありません。進行すると、副睾丸炎や前立腺炎などを引き起こすこともありますので、しっかりした治療をすることが大事です。西新宿では新宿駅前クリニックでの治療がお勧めです。泌尿器科をお探しの方は、ぜひご利用ください。