新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

もしも尿道炎に気づいたらどうするべき?

尿道炎は男性に多い性病です。性行為によって起こりうるもので、膿が出たり、痛みやかゆみが出たりすることもあります。もし、気づいたら、すぐに医療機関に行くことをおススメします。感染していることに気づいても、性行為などをしていればパートナーにうつすことになります。もし、パートナーに感染してしまったら、膀胱炎になることもあります。
症状が軽いと対処をしなくても症状がおさまることがあります。しかし、それは完治したわけではありません。感染が長期になると、前立腺の腫れや排尿困難などを引き起こすこともあります。早めに専門機関で診察をしてもらい、治療を始めましょう。新宿区で泌尿器科をお探しの方は、新宿駅前クリニックまでご相談ください。