新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

男性の尿道炎は性感染症であるケースが多い

尿道炎は性感染症によって起こることが多い性病です。特に男性に多く症状が現れます。性行為によって傷がつき、そこからクラミジアやや淋菌などの菌が侵入することで感染します。多くはクラミジアによる尿道炎です。クラミジア感染が多いのは、女性がクラミジアを持っていることで起こります。量などにもよりすべてのケースで感染するわけではありません。
クラミジアによる感染は痛みやかゆみなどの症状も軽く、中には全く気づくことなく住んでしまう場合もあります。しかし、一度感染したら、しっかりと完治させることが大事です。専門機関に行って診察を受け、完治させるようにしましょう。新宿で泌尿器科をお探しの方は、ぜひとも、新宿駅前クリニックを受診されてください。