新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

亀頭包皮炎は包皮の部分に炎症を起こすことが多い

黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌、カンジダなどに亀頭が感染することで発症する、亀頭包皮炎。やわらかい部分である包皮に細菌が侵入して炎症を起こす病気です。雑菌が原因で起こる場合、痛みやかゆみ、赤くただれる、水膨れになる、などといった症状が現れます。カンジダというカビの一種が原因で起こる場合は、白い垢などが溜まり、かゆみがみられることがあります。
カンジダは女性の膣の中にいる常在菌です。そのため、性行為によって女性から男性に感染することがあるのです。性行為から感染するとは言っても性病ではありません。しかし、性病ではないからといって安心せずに、病院に行って専門的な治療を受けることをおススメします。新宿区で泌尿器科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。