新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

クラジミアの感染経路

クラジミアは感染しても痛い、痒いといった自覚症状が少ないことから、なかなか自分で気が付きにくいものです。尿道から分泌物が出たり、排尿痛があったり、尿道のかゆみや不快感、精巣上体が腫れる、軽い発熱などがあって泌尿器科に言って検査を受けたという人は不幸中の幸いで、何の自覚症状もないまま男性であれば前立腺炎 や 血精液症 、女性であれば卵管炎などになってからようやくわかるということも少なくありません。さらに広がれば、肝周囲炎になることもあります。特に女性は 子宮外妊娠や不妊症の原因ともなります。早期発見は男性自身のためにも、またパートナーのためにも重要なものです。現在日本においては、クラミジア感染者数は100万人以上いると言われています。検査もしていない人もいますので、実際にはもっと多いと考えられるでしょう。不特定多数との性的な経験が多ければそれだけうつるきっかけも多くなりますが、そういった数で推し量れるものではありません。一般の高校生を対象にした調査では性的な経験がある高校生のうち、女子生徒では13.1%が、男子生徒では6.7%が、すでに菌を持っていたという結果も出ています。年齢や経験数は関係ありません。一度の経験でなってしまったということもあるのです。数や経験数で考えていると、自覚がないまま他者に感染させる危険性はさらにアップするでしょう。男性は様々な遊び場所がありますので、特に意識しておく必要があります。
クラジミアの感染経路で自分自身で心当たりがないという人も、少なくありません。粘膜感染するものですから、性交渉だけが原因ではありません。クラジミアは粘膜があるところには存在できます。性器以外の粘膜には咽頭、眼、肛門などがあります。肛門に関しては梅毒やコンジローマの性病は存在できますが、クラジミアは考えにくいものです。しかし咽頭や眼からはそれが確認されています。それぞれ「性器」ではないのですが、近頃はセックスライフの多様性によって、こういった器官も使われています。男性がすでに菌を持っている女性にオーラルセックスを提供すると、咽頭を経由して感染しますし、女性が男性にということでもうつります。顔に菌がすでにある精液や分泌物が触れて目に入れば、そこからうつることもあります。直接挿入していなくとも、こういうことが原因となっていることは少なくないものです。「性交渉は行っていないけれど、性器に違和感がある。」「目に違和感がある」「咽頭がおかしい」と言う時には、すぐに泌尿器科など病院で診察を受けることが賢明です。空気感染はしませんし、たとえば先頭で同じ椅子を使った程度ではなかなかうつりにくいものです。しかしもし膿がついた椅子にすぐに座ってしまうなどして、自分の性器の粘膜が触れたということが起これば、「全く心当たりがないのに」という事態も起こりかねません。クラジミアが性病と認識されていますので、性交渉がない、セクシャルな体験が近々ないといった時には、違和感を身体に感じても性病とは考えにくいでしょう。しかし実際にはそういうはっきりした原因がないままに保菌者となったいることもあるわけですから、拡散させないためにも「おかしいと感じたらすぐに病院へ行く」べきです。行きやすい病院を選ぶのが、すぐに対応するコツです。たとえば新宿に住んでいない人でも、新宿が良く遊ぶ場所であったり、新宿が通勤途中にあったり、近くが職場であったりというのであれば、新宿駅西口 のオフィス街に近い泌尿器科は便利です。家の近所だと誰に見られているか分からないという不安も、新宿のようなもともと人が場所だと安心です。性病と一般的に言われている病気だからこそ、「知り合いの目につきにくい新宿の病院」がありがたいものです。忙しい中で時間を作って受診する人も多いのですから、そういった診療時間や待ち時間などに配慮がある病院が望ましいものです。
クラジミアは性病と言われている者の一つです。それは感染経路が主に性行為によるもので、性器にその症状に出てくるからです。一般的な経路は、通常の性行為によるものなのです。ただしもしオーラルセックスもなく挿入だけであれば、コンドームの使用によって、画期的に予防することが可能です。オーラルセックスでも装着することを心がけましょう。女性側が装着するカバーのようなものもあります。もし特定のパートナーが出来て、その人との赤ちゃんをお互いに望んでいる時には、避妊具は不自然。性交渉の前にお互いが泌尿器科での検査を終えておく必要があるでしょう。また心当たりがある場合には、潜伏期間をチャックし、泌尿器科での検査でわかるようになる時期までその間はなにもせずに、見計らってから検査をしましょう。早すぎてもダメですが、遅すぎればもっと大変なことになります。しっかり治療するためにも、通院しやすい病院選びが大切です。新宿などは、新宿のみならず東京に住んでいる人や通勤している人にとっては便利です。