新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

淋病の症状とは

西新宿にあるクリニックの泌尿器科では男性の性病の検査や治療などを行うことができます。場所が西新宿ということもあり、治療に通うにも便利ですし、こちらの西新宿のクリニックでは泌尿器科だけではなく、いろんな科の患者が同じ待合室で待っていますのでどの人がどの科の治療を受けに来たのかということはわかりませんから安心して受診することができます。男性の性病にもいろんな種類がありますが、中でも淋病は性行為で感染する確率が非常に高く、感染度が高いものなので症状が出るなどで疑いがある方はすぐにでも泌尿器科へ行くほうが良いです。西新宿にあるこちらのクリニックは予約なしでも待ち時間がそれほどない状態で診察を受けることができますので、時間があまりないという方でも通いやすいです。
西新宿の泌尿器科でも診察や検査を受けることができる男性の性病の一つである淋病は淋菌という菌が原因となって感染する病気です。淋病の症状としては男性の場合、自覚症状がない場合もありますが、尿道に感染することによって激しい痛みを感じるようになります。これは排尿の時に感じるもので、膿が出てくることも多いです。膿の色は透明や乳白色です。男性の場合のこの病気はそのまま放置しておくと痛みがいつのまにかなくなっていることがあります。ただしこの状態はまだ淋病の菌が体内に残っていて段々と増殖し、ひどい時には無精子症になってしまうこともあります。そうなってしまってからでは遅いですから性病かもしれないという疑いを持った時点で泌尿器科を訪れて検査してもらうことが大切なのです。淋病の痛みの他の症状には灼熱感や下腹部の痛みなどがあります。淋菌を持っている患者との性交渉やオーラルセックス、キスなどによっても感染します。西新宿のこちらのクリニックでは性病の検査をすることができますが、淋病の検査では2時間以上尿を我慢してから排尿し、紙コップに尿を入れます。尿中淋菌PCR法という検査によって感染しているかどうかがわかります。これはいわゆるDNA検査の一つとなります。よく尿道の検査のために綿棒などを入れられてしまうと心配する方がいますがそういうことを一切しませんし、血液検査などもしませんから痛がりの方も問題なく検査を受けることができます。また淋病は喉に感染することもあります。こちらの原因はオーラルセックスからの感染が特に増加傾向にあり、のどの痛みや発熱、炎症が強い場合には頸部・リンパ節の腫れなどが出ることもあります。ただ自覚症状がない場合もありますので、知らずにパートナーから感染していることもありますので、できれば定期的に検査を受けておくほうが安心できます。喉の検査をする場合には通常喉の奥の粘膜を綿棒でこすって採取して行います。注意しなければいけないのは喉の症状は風邪と似ているために普通の風邪向けの抗生物質を処方されてしまい、淋病を完治させるのには不十分な場合もあることです。この症状はあやしいなと感じたら、内科を受診したとしても喉の淋病の可能性なども医師に伝えておくようにしましょう。できれば泌尿器科や性病科、耳鼻科を受診するほうが無難です。
淋病の感染者数は一時期減っていましたが、女性よりも男性の感染者数が圧倒的に多く、厚生労働省の調べによりますと平成13年から14年にかけては17000人を超えていました。その後は徐々に減っていき、平成24年度には約7300人ほどにまで減りました。しかし平成25年、26年と連続してその数は再び増えてきています。そして感染率は菌の保持者との性行為やオーラルセックスなどで感染しやすく、なんと30%となっています。しかも感染してしまっている時期は粘膜が非常に弱くなっていますから他の性病にも感染しやすいです。この病気に感染している患者はクラミジアにも同時に感染していることが多いのです。再発もしやすいので、淋菌が完全にいなくなっている状態であれば問題はありませんが、症状が出なくなったからといって自分で勝手にやめてしまい、実はまだ菌が残っていることがあるからです。特に喉に感染した場合は通常の場合よりも治りにくく、さらにしっかりと治療をする必要があります。西新宿のこちらのクリニックでは治療後にも菌が残っていないかを確認するために再び検査を行います。治療は抗生物質によって行いますが、この抗生物質を飲み終わってから2週間ほどたったら、西新宿のクリニックで再び専用のSDA検査というものを行います。この検査でも残っている菌が確認できなければ完治ということになります。感染者数が増える原因はこのように完治をしていないのに薬をやめてしまうというケースが少なくないため、再発を繰り返してパートナーに感染させてしまうということがあることです。無自覚の場合もいつのまにか感染させてしまっていたということがありますから、定期的な性病検査をしておくほうが良いです。