新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

女性に多い「膀胱炎」原因・症状・治療方法は?

女性の膀胱炎は、実は自分で思っているよりも厄介なものになりがちです。特に恥ずかしいことだと思って病院に行かないと、大変な事態を引き起こすこともあります。
基本的に泌尿器科を始め、婦人科でも可能です。診察を行い診断をしてから治療を行っていきます。病院は新宿区を始めいろいろな地域にありますから、行きやすいところになるだけ早めに行ったほうがいいでしょう。
女性の膀胱炎というと恥ずかしいことのように感じるかもしれませんが、恥ずかしいことではありません。なるだけ早く病院にかかったほうがいいものです。
恥ずかしいと思うかもしれませんが、治療はいろいろな方法があります。また、ずっと我慢していると慢性化し、大変なことになる場合も。どんなふうになるのか、見ていきましょう。
まず、女性の膀胱炎には様々な症状があります。
頻尿は代表的なもので、泌尿器科にかかると頻尿という症状ではなく実は女性の膀胱炎だった、ということは珍しくありません。トイレの回数が増えた、おしっこが我慢できなくなったというのなら、どうぞ泌尿器科に行きましょう。
排尿時の痛みが出ることもあります。これは排尿する際に痛みが走り、トイレがうまくできなくなったり、どうも不愉快な症状が出るというものです。他の病気になった時も出る事がありますが、やはり泌尿器科に通院して治療する必要があります。
残尿感も特徴的ですね。しっかり出したのになんとなく残っているような感覚がある、尿がまだ出きっていないような気がしてなかなか立ち上がれない、というような不安定な感覚になることも。
また、排尿時に痛みとは言わなくても違和感があることもあります。いつもしているおしっこと違うので、なんだか不思議な感覚になるでしょう。
これらの症状が出たら、なるだけ早く新宿区にある泌尿器科などに行ったほうがいいのです。
そしてこのような女性の膀胱炎が進行すると、こういった痛みや不快な症状がどんどんひどくなり、腎盂炎になってしまうこともあります。腎盂炎とは、膀胱と腎臓をつなぐ尿路(腎盂)に細菌が入り、炎症を起こす病気です。高熱や寒気などがあるので風邪と勘違いしやすいのですが、実際は腎盂炎ということもあります。
また、この腎盂炎を更に放置すると腎臓に炎症が起こり、体の代謝がうまく行かなくなり、様々な症状を引き起こすことにもつながります。腎臓炎の原因ともなっており、腎盂腎炎と呼ばれることもあります。
基本的に膀胱炎になる原因は細菌感染ですから、細菌を退治すれば問題ありません。
この最近の退治ですが、いくつかの方法があります。
ひとつは飲み薬です。これは抗生物質を飲むことで、基本的に一週間程度飲み続けることになります。また、完治したあとも病院に行き、完治したかどうかの診断を受けることになります。このため交通の便がいい新宿区などの病院に行くといいでしょう。
また、急激な症状が出た場合は抗生物質を点滴することでも治療ができますが、この場合は治療に一週間程度かかり、場合によっては入院も必要になります。入院の際はずっと点滴をし続けることになり、仕事などにも支障が出るでしょうから、早めに治療をするのに越したことはありません。
そして、原因となる細菌は不衛生な環境で生き残ります。基本的に尿路や膀胱などの膀胱炎に関連する部位は尿が出ており、細菌などはまずいないことが多いのですが、不衛生な状態を続けて細菌が入ったことにより女性の膀胱炎へと発展するのです。このため、不衛生な状態や環境を避けるようにすることも、再発を防止したり症状を無くす方法になります。きちんと洗ったり、体調を整えて体の抵抗力を高めるようにもしておきましょう。
また、加齢によってホルモンが減ったために情勢の膀胱炎になる人も。こういう人の場合、一番の理由は加齢とそれによるホルモンの減少ですから、原因となっているホルモンを追加することもあります。
ちなみに、頻繁に再発する場合はそれ以外の病気の可能性も考えられますから、病院で内視鏡検査をするのも方法です。膀胱炎だと思っていたら実は他の病気だった、ということも考えられるので、新宿区などで内視鏡検査ができる泌尿器科をあらかじめ探しておきましょう。また、通院している病院が内視鏡検査に対応していない場合は、他の病院に通うことになります。
最近、新宿区にそういった女性の膀胱炎に強い泌尿器科があり、そこに通う人の数は多くなっています。経験豊富な医師が在籍しているため、様々な病気に対して治療が可能なのです。また、新宿区という人がたくさん集まる街なので、交通の便もよく、新宿区で働いている人たちが昼休みや勤務後に診察をすることもあります。このため、新宿区で働いている人なら、新宿区の病院を選ぶと通院もしやすくなるでしょう。治療に関してはある程度期間が必要になることもありますから、通院の際は交通の便がいい病院を選ぶと手間がかかりません。