新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

クラジミアの放置は危険!他の感染症になりやすく

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという病原菌に感染することにより発症する性病で、性感染症の中では最も患者数の多い性病として知られています。男性の場合には尿道の粘膜に感染するクラミジア性尿道炎として現れることが多く、症状としては尿道痛や痒み、膿などがありますが、50%の方が無症状だと言われています。
エイズや梅毒などと違って、とかく軽視されがちなクラミジアの、意外に危険な側面を見ていきましょう。
よく、ネットの掲示板などで、クラミジアが再発したなどと騒がれていることがありますが、果たしてクラミジアは完治した後までも再発するのでしょうか。
結果から言ってしまえば、完璧に治療を行い、菌が完全にいなくなれば、クラミジアが再発するということはありません。しかし、あくまでも完治するならばという注釈つきで、この完治というのが中々クセモノなのです。男性の場合、クラミジアの治療は泌尿器科で行うのですが、この治療そのものはさほど大変なものでも、長期にわたるものでもありません。抗生物質を1週間ほど飲み続ければ、ほとんどの方は症状が見られなくなってしまいます。
しかし、ここで勝手に「治った」と考えて放置してしまうと、後でとんでもないことになってしまうのです。症状が消えても、実はしっかりと菌は生き残っている場合があり、そうなると当然治ったわけではないので、また症状は悪化します。むしろ、薬が効きにくくなり、治りにくくなってしまうのです。
また、クラミジアを放置した場合、エイズや淋病など他の感染症に感染する率が3倍から5倍になることが分かっています。つまり、クラミジアをそれと知らずに放置している方は他の感染症にかかっている確率も高いのです。どうです、たかがクラミジア、などと言ってはいられない状況ではありませんか。ですから、クラミジアは初期の頃にしっかりと完治させることが最も重要で、そのためにも通院しやすい泌尿器科を選ぶことが大切でしょう。
「新宿駅前クリニック」は新宿駅から歩いて1分という立地にあります。お仕事の合間に、あるいは仕事帰りに、友達と遊びに出たついでに、気軽に立ち寄っていただけます。いつも遊びに行く新宿で、ちょっと寄り道感覚で来院していただけるでしょう。
また、「新宿駅前クリニック」の泌尿器科は、男性の性病疾患に特化した診療を行っています。何か、違和感を覚える、どうもいつもと違う、不安があるなど、そんな場合には安心して利用してください。泌尿器科以外にも内科や皮膚科など様々な科を併設していますので、人目を気にすることなく、受診していただけるでしょう。
クラミジアで最も恐いのは、病気にかかることではありません、放置することです。他の感染症を防ぐためにも、心当たりのある男性の方は、どうか新宿の泌尿器科の門を叩いてください。
クラミジアは厳密な意味での再発はないけれど、完治できていないために症状がより深刻になってぶり返すことがよくあると言いましたが、それではそのような状態を防ぐためには、どのような治療を行ったらよいでしょうか。
クラミジアの治療は抗生物質の投与が一般的になります。内服であまり効果が得られない場合には、点滴などを用いることもあります。ただ、菌を完全になくすのに最も重要なことは、服用する薬もさることながら、正確な検査です。通常、クラミジアの治療の際には、1週間ほどの治療期間が終わってから3、4週間後に、完全に菌がなくなったかどうか再検査をします。この検査ですが、血液検査だけでは完璧とは言えません。尿中PCRクラミジア法検査で陰性となって初めて、完治したと言えます。
ですから、たとえ症状がなくなっても医師の指示があるまできっちりと薬を服用する、必ず再検査を受けて、陰性になったかどうかを確かめる、というのが、「治ったと思ったのに、またなったみたい」という事態を防ぐ最善の方法なのです。
また、その際には他の感染症に感染していないかどうも検査しておいた方がいいでしょう。何しろ、クラミジアというのは他の感染症の感染率が数倍に跳ね上がってしまう性病です。クラミジアは退治できたけれど、何だか他の症状がでてきた、というのでは話になりません。そして、パートナーの居る方はぜひ一緒に治療を受けさせて下さい。すでに相手に感染している確率が高いので、せっかく自分が治っても相手から再び感染させられる恐れがあります。
再検査なんて、面倒くさい、そんなことから放置すると、今度は抗生物質が効きづらくなるということにもなりかねません。「新宿駅前クリニック」でしたら、ターミナル駅新宿から歩いて1分というアクセスで、通院の負担もあまり感じずにすむことでしょう。男性の性病治療に特化した泌尿器科は、ベテランの専門医が担当していますので、抵抗感を覚えることなくいろいろと相談していただけることと思います。
クラミジアは、確かに恐い性病です。しかし、信頼できる医師の手にかかれば、何も恐れることなく完治できる性病でもあるのです。新宿へ足を向けられた際には、男性にはどうか、「新宿駅前クリニック」の泌尿器科のことを、頭の片隅に置いていただければと願っています。