新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前クリニックの性病科コラム

  • 新宿駅前クリニックの性病科コラム

新宿駅前クリニックの性病科コラム

女性の膀胱炎、我慢はNG

膀胱炎にかかる割合は、男性と女性で比較すると女性の方が多いといわれています。それはどうしてなのでしょうか。新宿区にある泌尿器科クリニックによると、男性よりも女性に膀胱炎が多いのは、女性の体の構造が関係しているとのことです。
では、一体男性と女性の体の構造の違いが、どうして膀胱炎の発症率の差につながるのかを、この新宿区にある泌尿器科クリニックの運営しているサイトを参考に、膀胱炎の特徴や関連する病気などを紹介していきます。
膀胱炎とは、尿道に細菌などが付着しそこから膀胱へと侵入することで発症する病気で、発症要因には排尿の我慢によるケースの他、性交渉などで性病を発症することで性病の病原体からも引き起こされます。
新宿区の泌尿器科クリニックの説明によると、男性より女性の方が膀胱炎にかかりやすいのは尿道の長さの違いにあるとしています。男性の場合は尿道は約14cm~18cm程でその奥に膀胱がありますが、女性の場合には約3cm~4cm程と、男性の約4分の1程度しかありません。そのため膀胱も尿道や肛門から近い位置にあるので、その分細菌が侵入しやすい構造になっているのだとしています。
しかし、それでは多くの女性が頻繁に膀胱炎になるはずなのに、どうしてそれほど頻繁にかかるわけではないのでしょうか。
新宿区の泌尿器科クリニックによると、元々膀胱自体は細菌に対しての抵抗力を備えており、更に尿を排出することで、侵入してきた病原菌などを排除しているのだと説明しています。そのため、尿道が短い女性であっても頻繁に多くの方が発症するわけではないのです。しかし、疲労や睡眠不足が続いて体力が低下するすると、免疫力も低下するため膀胱自体も抵抗力が衰えてしまい、膀胱炎にかかりやすくなるのだと、新宿区の泌尿器科では説明しています。
女性の膀胱炎の症状として多いのは、「残尿感」と「頻尿」です。こうした自覚症状がある方は多いのではないでしょうか。つい数分前にトイレに行ったのにまたすぐ行きたくなったり、トイレに行って排尿を済ませたにもかかわらず全部出し切っていない感覚があったりなどという症状が続きます。この性病にかかった女性の中には、月経とは少し異なるおなかの重苦しさなどを感じる人もいると言います。
このような症状の場合では、かゆみや痛みなどの不快感を感じるような自覚症状がないため、医療機関を受診しないという女性も多く、そのため症状が悪化してしまう人もいます。すると、今度は排尿している際に終わり際になると痛みを伴うようになり、ズキズキしたりツーンと痛みを感じるようになってきます。
トイレに行くのを我慢してしまうことは誰しもあることだと思います。仕事の会議中や授業中、車などの運転中など、どうしてもトイレを我慢しなくてはならない状況になることも多くあることでしょう。しかし、そのような場合以外でもトイレに行くのが面倒だからなどという理由で我慢するのはNGだと、新宿区の泌尿器科クリニックでも強く指摘しています。
排尿を我慢することがどうしてNGなのかというと、尿の中には大腸菌やブドウ球菌、セラチア菌、腸球菌など、様々な性病を引き起こす病原菌が潜んでいます。トイレに行くのを我慢することで尿の中の細菌が尿道から侵入して膀胱の粘膜に付着して炎症を起こすのです。
尿は尿道への侵入してきた細菌類を洗い流す役割があるのに、その尿を溜め込んでいては体内に病原菌を溜め込むことになるわけです。従って、膀胱炎以外にも他の性病を引き起こす要因にもなると、新宿区の泌尿器科クリニックの医師も指摘しています。このような理由から、トイレに行くのを我慢するのはNGなのです。
また、膀胱炎の症状が疑われるにも関わらず、比較的症状が軽いからと軽視して医療機関を受診しないこともNGです。新宿区の泌尿器科クリニックによると、膀胱炎になると自然治癒させることは難しいとされており、更に自覚症状があるにもかかわらず放っておくと、慢性膀胱炎を引き起こしたり、さらに悪化してしまうと「腎盂腎炎」と呼ばれる病気を引き起こす可能性もあると言います。
腎盂腎炎とは、片方または両方の腎臓が細菌によって炎症を起こして引き起こされる細菌感染症であり、尿路から感染して腎臓へと波及していきます。この病気になると、膀胱炎の症状の他に発熱・悪寒・吐き気・嘔吐・背中の痛みなどを引き起こします。また、この病気の恐ろしいところは、前立腺肥大症や尿管結石・糖尿病などから合併症を引き起こすこともあり、合併症を引き起こすと腎盂腎炎が治ってもまた再発することもあるとしています。
たかが膀胱炎と軽視していると、症状を悪化させてしまい治療期間もより長くかかることにもなります。治療期間が長引けば当然日常生活にも支障をきたすことにもなりかねません。従って、排尿時などに違和感を抱いた際には、恥ずかしがらずに医療機関を受診することを医師も推奨しており、これがいち早く治癒させる最適な手段なのです。